バリアフリーリフォームのポイント

バリアフリー

バリアフリーのポイントは「動線をスムーズに」、「スペースを確保」、「障害をなくす」となります。

「動線をスムーズに」は、部屋からトイレや浴室等の移動距離をなるべく短く、
直線で動けるようにリフォームすることです。
「スペースを確保」は、介助者が無理なく介護できるように、
2人以上の大人が動くためのスペースを確保することです。
スペースを広くとることで、車椅子等の福祉用具も使いやすくなります。
「障害をなくす」は、段差でつまづき転倒しないように、
床の高さを敷居に合わせる等のリフォームです。
 大きな段差には手すりをつけたり、踏み台を設置する等も大切なバリアフリーリフォームの1つです。
その他、温度差の解消も重要なポイントとなります。

なお、忘れてならないことは、介護者がおられる場合は、実際に利用する方の声を聞くことが大切です。


■階段

階段は「形状」「蹴上げ(高さ)」「踏み面(幅)」「手すり」がポイントになります。

【階段形状】

特に「鉄砲階段」と呼ばれる1・2階を直線的に結ぶ階段形状は、踏み外すと1階まで転落することになりケガは避けられません。
その場合は階段は90度または180度折れ曲がった形にして、曲がった部分は平らな踊り場にする対策が考えられます。

【蹴上げ(高さ)】

蹴上げについては、低くする一般的に高さは「20cm以下」が望ましいとされています。

【踏み面(幅)】

踏み面(幅)を広くする場合は25cm~29cmが理想とされていますが、広くしすぎると段鼻と呼ばれる部分が出っ張って、 上がるときにつま先がひっかかる恐れがでてきます。

【手すり】

手すりは階段の両側にどちらの手でも掴めるように手すりは階段の両側に。片方だけの場合は「下る」ときの利き手側に設置します。

【照明】

階段の形状とは別に「暗い」「見えにくい」も解消しておきたいポイントです。 階段には壁面にブラケット(壁灯)を取り付け、高さはメンテナンスのことも考えておきましょう。 また上り口と下り口には足元灯(フットライト)があるとよりいっそう安心です。

■トイレ

トイレが快適な住まいづくりの主役といっても過言ではありません。
トイレのリフォームのポイントは、手すりの設置、車椅子でも利用できるように広くする、和式便器から洋式便器に変更する等です。

【スペースの確保】

トイレのスペースは介助者が一緒に入ることや車椅子で入ることを想定すると、「便器前1m・便器片側1m」以上とっておくとスムーズです。 トイレ単体ではそのスペースが取りにくい場合は、洗面脱衣所と一緒のスペースにする方法もあります。


【出入り口の拡幅】

出入り口は開口幅を90cmほど確保しましょう。扉は「引き戸」に。引き戸に変更できない場合は必ず「扉は外開き」にします。 内開きでは中で事故があった場合、人につかえて開かなくなる恐れが生じるからです。鍵は外からでも開けられるものを選びましょう。

【手すりの設置】

手すりは車椅子から便器への移乗のために、あるいは慎重に腰をおろしゆったりと立ち上がるために手すりは必ず必要です。
車椅子から便器への移乗には横型が効果的で、立ち上がりには縦型のてすりが効果的です。L字型の手すりであればどちらの場合も安全・安心です。 さらに、要介護者がトイレ内でなるべく体の向きを変えなくてもすむように、便器の向き等も考慮しましょう。

【その他】

スリッパの履き替えが転倒の原因となります。履き替えをしなくても、不潔感や抵抗を生まない材質・色の床材を施工しましょう。

■浴室

浴槽のリフォームは、「すべる」「つまずく」「跨げない」「寒い」の解決がポイントとなります。
具体的には、段差解消、シャワー設置、手すり設置、スノコ設置、移乗台設置、非常連絡装置の設置等です。

【「すべる」「つまずく」「跨げない」対策】

日本の入浴方式は洗い場で体を洗うため、大量の水が洗い場に流れます。そのため浴室は脱衣所の床から15cm程度低くなっているのが一般的です。 この浴室をバリアフリーにして入浴を楽しめるようにするには、次のようなリフォームが欠かせません。

  • 浴室と脱衣所の床の高さを同じレベルにして段差をなくし、大量の水を排水する水はけのよいグレーチングを施工します。

  • 浴室が床上に設置されている場合は、浴槽を半埋込みに変えて入りやすくします。

  • 浴槽につかる時と上がる時のために捕まる手すりを、その適切な位置に取り付けます。

  • 床面のリフォームにあたっては、すべりにくい素材のものを選びます。

【「寒い」対策】

冬場、浴室は脱衣所に比べてかなり室温が低くなります。ヒートショックを避けるために天井に埋め込み式の温風暖房機を設置するとよいでしょう。

【その他】

その他、指先が不自由な方や力の弱い方にとって、ひねって適温のお湯を出すことは難しいことです。 介護者にとって操作しやすい水栓金具はレバー式で、レバー式には指をかけて操作できるものや、 レバーを長くして手の甲で操作しやすくしたものなど様々なタイプのものがあります。

■洗面所

洗面台は、手や顔を洗ったり、歯を磨いたり毎日必ず使用する場所です。 その為、介護を必要とする方も快適に使用できるようにリフォームする必要があります。

【洗面カウンターのバリアフリー化】

例えば、車イスで使用した時にも、膝上にゆとりができるように洗面台を薄型のものにリフォームしたり、 洗面台を上下に昇降させる機能をつければ車イスに座ったまま洗面台を利用することができるので、 介護の手を借りることもなく、自立心を養うこともできます。
また、背の低いお子様も、踏み台を利用しなくても良いので安全だといえます。
いまの洗面カウンターのままでお使いいただく場合は、洗面所の壁に手すりを取り付けておけば、椅子や車椅子から立ち上がりやすく、また座りやすくなります。
座った位置から見られるように下向きにもなる鏡を取り付けましょう。健常者がお使いの後は鏡を下向きにしておく気遣いもお忘れなく。
収納の位置や高さも、どのくらいが取り出しやすく、また収納しやすいのかを設計の方とよく擦り合わせておきましょう。

【スペースの確保】

車椅子を使用する場合、切り返しのできない狭い洗面所は使いづらいものです。いま住んでいる家の水まわりが1箇所に集中していたら、 壁をなくして洗面所・浴室・トイレを一つにまとめ、動きやすいスペースを確保しましょう。
実際にリフォームしてみたらその意外な広さと使い勝手の良さに驚かれるでしょう。

■キッチン

キッチンのリフォームのポイントは、立ち作業も楽にできるようにすることです。

【スペースの確保】

長時間の作業をすることを考え、腰掛けられる場所を確保することが大切です。 野菜の皮むき等、立たなくても座ったままで出来る作業が結構あるからです。 足元にスペースを確保し、車椅子も使用可能な座って作業できるタイプのキッチンにリフォームすると、料理が楽になります。

【収納のバリアフリー対策】

収納は、使用頻度が高い物を置くスペースとして、適切な高さの手の届きやすいところに収納を設置したり、 ほど良い高さのカウンターを壁に設置したりすると楽に作業できます。 また、スイッチひとつのリモコン操作で昇降する収納棚(収納庫)も便利です。

【その他】

床材は、水にぬれてもすべりにくい素材の選択が、水回りの床には欠かせません。
照明は包丁等を使用するときに手元は十分に明るいか、チェックが必要です。
その他、食器洗浄機を採用し、機械にできることは機械に任せてください。立ち仕事がひとつ減らせます。
高齢者には安全設備は欠かせません。 火災報知器やガス漏れ検知器などを設置しましょう。もしものため、消火スプリンクラーまで設置できれば万全です。

■玄関

玄関まわりや屋外のリフォームのポイントは、段差改善、スロープ設置、リフト設置、移乗台設置、 床材改善、フットライト設置等です。

【段差改善】

玄関の最大のネックは三和土と上がり框の段差にあります。一般的に上がり框の高さは15cm前後に収めるのが適当とされていますが、 「上がり框をなくす」と出入りが非常に楽になります。玄関ホールの床と三和土の材質を変えておけば、靴を脱ぐ場所を間違えません。

【スロープ設置】

また、要介護者が車いすを利用する場合は、状況に応じてスロープを設置します。 しかし、スロープでは傾斜角度が大きくなる場合には、車いす昇降機など、段差解消リフトを設置しすることによって、屋外への出入りが簡単になるでしょう。 なお玄関の扉も引き戸にリフォームした方が、より広くスペースを確保することができるので、お勧めできます。

【その他】

その他のポイントは以下の様になります。

  • ベンチ・式台を三和土に設置します。ベンチで、安全かつスムーズに靴を着脱できるようになります。式台は上がり框を楽に昇降できるようになります。

  • 手すりの設置は上がり框の昇降や靴を着脱するときに、体を支えるために必要です。

  • 床材は水に濡れても滑りにくい床材を選びましょう。

  • 転倒時を顧慮し、壁材は、肌にやさしく手や体をこすってもスリ傷になりにくい素材を選びましょう。

  • 照明は足元が暗がりにならないよう、十分な照度を確保することが大切です。

  • 玄関収納は無理のない姿勢で靴などを出し入れできる位置と高さに設けます。

■廊下

廊下での転倒の理由の第一は「段差」です。第二は「手掛かり」です。そして第三は「暗さ」です。以下、廊下の各箇所のリフォームポイントを記します。

【段差改善】

玄関ホールから廊下へ向かうところなどの段差や、廊下と居室の境目である「敷居」のほんのちょっとした段差も転倒の原因になります。高齢になると、 こうした目にとまりにくい段差ほど気をつけなければなりません。

【手掛かり設置】

まだ伝い歩きをしなければならない程ではなくても、手すりは安全・安心のための文字通り「手掛かり」となります。要所要所に取り付けておくことをおすすめします。

【暗さ改善】

暗い廊下は転倒の原因になります。壁灯(ブラケット)や足元灯(フットライト)を。廊下用の足元灯には、人感センサー付きで「人が通りかかると点灯し、 通り過ぎると消える」タイプのものもあります。無駄な電気を使わず、省エネになります。

【温度差改善】

居室から廊下に出ると極端な温度差から血管が急変動し、ヒートショックを起こす場合があります。リフォームで床暖房を設置するなら、 その範囲をぜひ廊下にまで広げておきたいものです。 冬場など、厚手の靴下を履くと廊下はすべりやすくなります。床材の選択では、こうしたことも考慮に入れておきましょう。

■居間

居間(リビング)は高齢者だけではなく家族を含め、家族全員が快適に過ごすことができるよう、リフォームの計画段階から設計・仕様などをじっくり検討することが大切です。 居間(リビング)のバリアフリー化のポイント高齢者にとってはもちろん、家族一人ひとりにとってもくつろげる環境づくりがなによりも大事です。

【段差改善】

段差をなくすことはバリアフリーリフォームの基本ですが、居間(リビング)でも同様です。大きな段差はもちろん、ささいな段差も「つまずき」や「転倒」の原因になります。

【その他】

バリアフリーリフォームのポイントには、次のようなものがあります。

  • 手すりの取り付けは、腰を降ろす際、あるいは立ち上がる際に掴める手すりがあると体に負担を与えません。

  • 床材はすべりにくく、将来車イスでの移動にも耐えられる素材を採用しておきましょう。

  • 冬場のヒートショックによるトラブルを避けるため、フロアを健康にもよい床暖房に変えることも検討してみてください。

  • その他、寝起きする寝室と居間(リビング)を、できれば同じ階の同じフロアに配置すると体力的な負担が軽減できます。

■寝室

介護が必要な方がおられる場合の寝室は、1日のほとんどを過ごす場所ともいえますので、より快適で安全なバリアフリーの寝室になるようにリフォームをする必要があります。

【設置・配置の改善】

寝室の場所はトイレやお風呂から遠いと移動の負担がかかるので、なるべく近くに配置するようにしましょう。 また、リビングと寝室があまり離れていると、孤独感を感じる原因にもなりますから注意してください。 日中の日当たりが良く風通しの良い部屋を選ぶことで、いつでも部屋を清潔に保つことができます。

【スペースの確保】

寝室はベッドの高さをはじめ、身の回りの物を置く適切なスペースの確保や、就寝中に健康状態が急変した時の緊急措置・安全対策などについても 検討しておく必要があります。寝室のバリアフリー化のポイントは将来介護や介助を受けることも想定して、バリアフリー化をしておくことです。 工事の二重手間やコストを抑えられます。

【その他】

その他、リフォームのポイントは次のようなものです。

  • 寝室の出入り口、および寝室内の段差をなくす。これはバリアフリーリフォームの基本ですが、寝室でも同様です。

  • 寝室の出入り口やベッドサイドなど、必要な箇所に手すりを設置しましょう。

  • 介助が必要になった場合も想定して、介助者が動きやすく、また本人の生活動作を容易に行えるような、ゆとりのある広さを確保しておきましょう。

  • ヒートショックを避けるため、フロアを床暖房に変えることも検討してみてください。

■エクステリア

エクステリアのバリアフリーリフォームの基本は他の個所、例えば階段や廊下と同じです。つまり「つまずく」「すべる」「暗い」に注意してリフォームを進めます。
エクステリアリフォームのポイント「つまずかない」「すべらない」「明るい」といった、安全で安心なエクステリアのバリアフリーリフォームのポイントは以下の通りです。

  • 階段をスロープにする事で、つまずいて転倒する危険を軽減します。また、スロープもコンクリートの打ちっぱなしではなく、すべり止めになるような素材を選びましょう。

  • スロープにできない場合は、階段数を多くして上り下りの負担を軽減しましょう。

  • つかまるものがないと、どうしても不安定になり、転倒の危険性があります。手すりを取り付けて、事前に転倒事故を防ぎましょう。

  • 玄関からアプローチ、門扉、道路面と明るく照らせる灯りを設けることも大切なポイントです。敷地全体の美しさといった視点からも、照明器具の選択と配置には気を使いたいところです。

  • 物干しは「干しやすく・取り込みやすい」高さや場所を決めて設定します。高いとふらついてしまいますし、車椅子に座ったままで干せる高さも想定しておきましょう。

■その他リフォーム全般

「つまずきやすい」「立ったり座ったりの動作が困難」など、高齢者の身体的な変化は様々ありますが、忘れられがちなのが「目の衰え」です。
つまずいたり転倒したりするのは、ある人にとっては「足のせい」ではなく、「目のせい」なのかもしれません。色彩のバリアフリー化にもぜひご注目ください。
「目の衰え」の代表格は白内障です。個人によって程度の差はありますが、高齢になるにつれて白内障が進むと色を識別する能力の低下を招きます。 青と緑、青と灰色、白と黄などの見分けがつきにくくなり、同色系でまとめられたインテリアなどでは、その差がほとんど認識できなくなります。
色彩のバリアフリー化のポイントは、内装の色使いと照明の工夫により、目の衰えによる家庭内事故を回避することです。
部屋の各部位で気をつけたいポイントは次のようなものです。

  • 白い壁紙のインテリアは壁と床の境目が分からず足をぶっつけたりすることがあります。床(水平)と垂直(壁)がわかるよう色変化をつけることが大切です。

  • 置き家具は床色と異なるものにします。上記と同様の理由から、気をつけておきたい個所です。

  • 玄関の三和土と上がり框は段差をなくすのが一番ですが、素材の色の違いをくっきり出しておくのも効果的です。

  • 脱衣所と洗い場も色の差をつけておくことが大切です。また、浴室の洗い場と浴槽の色が同系色の場合は、ご注意ください。

  • 階段の蹴上げと踏み面も色のコントラストをつけて、高さ(低さ)がはっきりと認識できるようにしておけば事故を減らすことにつながります。

減税・補助金

■バリアフリーリフォームによる減税

減税措置を活かして賢くバリアフリーリフォーム本格的な高齢化社会を迎え、自宅で健康的で自分らしい生活をしたいと願う高齢者が増加しているのを背景に、 バリアフリーリフォーム工事費用に対して一定の割合で減税を受けられる制度が拡充しています。

減税措置を活かしして、住まいのバリアフリー化をすすめられてはいかがでしょうか。

減税措置を受けるための条件以下のような条件を満たす方や、対象となる工事を実施した場合は減税対象となります。

■対象者

次のいずれかに該当する居住者であること。

(a)50歳以上である者

(b)要介護認定を受けている者

(c)要支援認定を受けている者

(d)障害者に該当する者

(e)上記(a)~(d)のいずれかに該当する者、または年齢が65歳以上である親族と同居している者

■減税対象のバリアフリー工事内容

(a)廊下の拡幅

(b)階段の勾配の緩和

(c)浴室の改良

(d)トイレの改良

(e)手すりの設置

(f)屋内の段差の解消

(g)引き戸への取替え

(h)床表面の滑り止め

■工事費用総額

バリアフリー改修工事の費用が30万円を超えること

■工事証明書

建築士事務所に属する建築士、指定確認検査機関または登録住宅性能評価機関が作成した増改築等工事証明書により証明されていること

ローンの場合・自己資金の場合の減税額・減税期間従来はローンの利用者のみが減税の対象者でしたが、 平成21年度からはバリアフリーリフォーム工事を自己資金でまかなう方も対象になりました。

■自己資金でリフォームされる方

控除期間 1年(工事を行った年分のみを適用)

 但し新たに要介護・要支援状態区分が3段階以上上昇し、適用対象工事を行う場合は再適用あり。

控除率 10% 控除対象限度額200万円(最大控除額20万円)

減税適用期間 改修後の居住開始日が平成21年4月1日~平成22年12月31日まで

■バリアフリーローンを利用される方

控除期間 5年

控除率 2% 控除対象限度額200万円(バリアフリー工事相当分)

バリアフリー工事以外の部分は1%(控除対象限度額1000万円)

減税適用期間 平成19年4月1日~平成25年12月31日まで

減税を受けるには確定申告が必要これらの減税制度は、工事をするだけでは税還付を受けることができません。 必要な書類を揃え、工事を行った年の確定申告を行う必要があります。

詳しくは、国税庁のホームページをご覧になるか、お近くの税務署や税理士、勤務先の税務担当者などに相談してみてください。

■介護とバリアフリーリフォーム、補助金について

介護保険が工事費用の9割を支給介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。

そのために要介護者または要支援者がバリアフリー工事を実施する場合に、介護保険によりその費用の9割が支給されます。

『高齢者住宅改修費用助成制度』を利用してバリアフリーリフォームを進めましょう。

受給対象者および助成額受給に関しては、以下の条件を満たす方が対象になります。

・要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること

・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること。

・助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)*工事費の9割を保険から支給

支給対象となるリフォーム工事の種類この制度により給付が受けられる住宅改修工事には、以下の種類があります。

■手すりの取り付け

廊下、便所、浴室、玄関等の転倒予防、若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するもの。

手すりの形状は二段式、縦付け、横付け等適切なものとする。

※適用除外:福祉用具貸与に該当する手すりの設置

■段差の解消

居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には敷居を低くする工事、 スロープを取り付ける工事、浴室の床のかさ上げ等とする。

※適用除外:昇降機、リフト、段差解消機等動力により床段差を解消する機器を設置する工事 /福祉用具貸与に該当するスロープの設置/福祉用具購入に該当する浴室用すのこの設置

■滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更

居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更。浴室においては床材の滑りにくいものへの変更

■引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取り替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含む。

※適用除外:引き戸等への扉の取り替えに合わせて自動ドアとした場合の、自動ドアの動力部分の設置

■洋式便器等への便器の取替え

和式便器を洋式便器に取替える(暖房便座・洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは可)

※適用除外:洋式便器から洋式便器への取替え/非水洗和式便器から水洗洋式便器または簡易水洗便器に取替える場合の当該工事のうち水洗化また簡易水洗化の部分

■その他、下記の(1)~(5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

(1)手すりの取り付けのための壁の下地補強

(2)浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事

(3)床材の変更のための下地の補強や根太の補強

(4)扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事

(5)便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)便器の取替えに伴う床材の変更等

■支給を受け取るには下記の必要書類を揃えて、市町村の介護保険課に届け出ます。

・領収書(本人名義)

・工事費内訳書

・改修完了確認書(改修前・後の写真を添付)

自治体による補助金制度バリアフリーリフォームには、自治体によっては独自の補助金制度を設けているところがあります。

また、障害者として認定を受けている方の場合は、ほとんどの自治体でバリアフリーリフォームに補助金が適用されています。

事前に市町村の窓口で相談してみてることをお勧めします。