ホームシアターリフォームのポイント

高画質・大画面タイプのテレビの普及により、
ホームシアターが一気に身近なものになってきました。






リフォームで「ホームシアター」を検討してみませんか。


ホームシアター

■内装材

天井や壁に音を吸音する効果のある素材を用い、ドアとの密着性に優れた気密パッキンで音もれと外部からの音の侵入を効果的に抑えるホームシアター用の防音ドアなどで防音対策を。
音を反射、拡散させるパネルなどをプラスすることで音響効果をアップさせることができます。また、防音ドアを取り付けたりということも考えられます。

■窓

防音対策や遮光対策でポイントとなる窓。二重窓などで遮音性を高め、外の騒音は入れず、室内の音を出さないようにしましょう。雨戸や防音カーテンを取り付けるのも効果的です。
また、部屋を暗くするには遮光カーテンは手軽でおすすめですが、優れた遮音性能を発揮する質量の大きいものを選びたいものです。

■収納


ブルーレイやDVDなどのソフトやAV機器をすっきりと納めるための収納を整備します。

スペースに合わせて造れるオーダー家具やシステム収納がインテリア性も高く、おすすめです。

■照明

ホームシアターを楽しむためには、暗くすることで、劇場のような臨場感が得られます。画面への映り込みを避けながら、ほどよい明るさが必要です。
それでも、“手元は少し明るい方が便利だな”とか、“トイレに行くときは足元に明かりが欲しいな”といった要求はあります。
手元にはスタンド照明を設置したり、リモコンで調光できる照明器具で手軽にあかり環境が設定できれば、精神的に落ち着くことができるでしょう。
テレビの画面とテレビ背面の明るさを同程度に出来れば、画面が見やすく目も疲れにくくなります。

■配線

5.1chでホームシアターを楽しむ場合、ソファの背後に設置するリアスピーカーは必要不可欠です。すると、配線の(コードの納め方にも)問題がでてきます。
特に音環境は、配線の方法や、コードの種類によっても音の質が変わってきたりするものだと言われていますので、注意が必要です。
電源を工夫するだけでも、より良い音を楽しむことができます。分電盤で同一回路に音響機器以外の(特にモーターを使う)家電製品が入っていると、 ノイズが発生することがあります。できることならシアタールーム専用に回路を設けることが望ましいと言えます。
事前に埋め込み配線をしておくと、コードが露出せず空間を美しく仕上げることができます。

■映像機器

スクリーンを下ろして、プロジェクターで映像を映し出すとなると、ちょっと本格的な感じがします。プロジェクターの魅力はなんといっても迫力の大画面。 映画館の雰囲気を自宅でも楽しむことができます。
プロジェクターの場合は天井から吊り下げたり、天井埋め込み式や、家具に組み込んだりと、設置にはいろいろな方法があります。
普段の番組は薄型のテレビで鑑賞して、映画や音楽のライブなど大画面で楽しみたいときは、スクリーンをおろしてプロジェクターで映像を投射すると、 ホームシアターとして使わない時でも邪魔にならず、空間を有効に使うことができます。
ボタンひとつでスクリーンがおりてくる瞬間は、まさに部屋が映画館になったような高揚感があります。